認定薬剤師が働ける転職先とは?

製薬会社だけではない!認定薬剤師が働ける一般企業4種とは?

認定薬剤師が一般企業で働くと思った場合、どういった職場で働くことができるのでしょうか。ここでは便宜上、一般企業の定義を「病院や薬局以外の職場」とします。では薬剤師が働ける一般企業にはどういったものがあるのでしょうか。上記定義を用いるのであれば、ドラッグストア、製薬会社、CRO、SMOがその一般企業に該当します。それぞれ見ていきましょう。

 

認定薬剤師 転職

 

まずドラッグストアですが、ドラッグストアにも調剤室併設のものとそうでないものとに分けられます。前者は薬局に該当する為、ここでは後者が一般企業となるでしょう。ドラッグストアではOTC医薬品を始め、日用品などの販売も行なう仕事です。お客様とコミュニケーションを取りながら病状を把握し、一般医薬品を紹介することだけでなく、売り上げ管理や勤怠管理なども行なうことになります。お客様と直接関われる点が大きなやりがいであると言えるでしょう。

 

製薬会社では、薬事とMRのどちらかになります。薬事とは、新薬の申請などを行なう部署のことであり、申請書類の作成や厚生労働省との折衝などが主な仕事です。MRはいわゆる製薬会社の営業職。自社が持っている医薬品などを販売するのが仕事になります。薬事のやりがいとしては、新薬の開発という社会的にも大きな仕事に関われること、MRのやりがいとしては売れたときの達成感などがやりがいに繋がるそうです。

 

CROに関して、そもそもCROとは開発業務受託機関のことを指し、元々製薬会社が行なっていた治験のモニタリング業務をアウトソーシングとして受託している会社のことを指します。ここで働く場合の職種はCRA(臨床開発モニター)として働くことになるでしょう。

 

SMOに関して、SMOとは治験施設支援機関の事を指します。これは治験に関わる様々な業務(被験者への説明や全体の流れの把握など)を行なう会社のことです。職種としてはCRC(治験コーディネーター)になるでしょう。

 

このように認定薬剤師が働ける職場としては、主に上記4つがあります。自分が希望する所に応募しましょう。